羊羹
今年4月に創業120周年を迎えた、なごみの米屋と今年10月に開局30周年を迎えるFMラジオ局ベイエフエムが和菓子の商品開発でコラボレーションしました!!

両社の女性スタッフが中心となったプロジェクトの立ち上げから1年。
新しい発想とアイディアが詰まった、永く愛されたい、人に勧めたい そんな‘新しい羊羹’ 『BAY-B YOKAN(ベイビーようかん)』が出来ました。
【開発コンセプト】
①忙しい女性が気軽に食べられるお菓子
②食べるのに罪悪感が少ないおやつ
③共同プロジェクトらしい新しさ
④千葉県産の素材にこだわる

【BAY-B YOKAN(ベイビーようかん)~名前の由来~】
・bayfmの「ベイ(BAY)」
・なごみの米屋の「米=ベイ(BAY)」
・房総(BOSO)の「B」
・ビューティー(Beauty)の「B」

【商品へのこだわり】
①異なる素材の組合せで新しい味づくり
異なる素材を組み合わせて新たな味づくりに挑戦し、女性が喜ぶような、ワクワクするような素材を選び、更にそれらを組み合わせる工夫をしました。
②見た目の華やかさ
全面的にボタニカル調の柄を施し、女性がバッグからさりげなく取り出してもお洒落な印象になるデザインに仕上げました。
③カラダに良いもの
人が本来持っている健康力をサポートする‘シールド乳酸菌®’を羊羹1本あたり約100億個相当分の量を添加し、女性の関心が高い「カラダに良いものを取り込む」を意識しました。
④従来の羊羹には無い柔らかな食感
‘女性が好んで1本食べ切る’食感を追求した結果、従来には無い柔らかな食感の羊羹に仕上がりました。
⑤‘千葉県’産の素材を盛り込む
首都圏にありながら海や大地の自然豊かな環境に恵まれた千葉県は、様々な食材の宝庫です。それぞれの味にも1つずつ千葉県産の素材を盛り込みました。


  • BAY-B YOKAN
    (塩アーモンド)
    千葉県産の塩使用。甘じょっぱく濃厚な味と小さく刻んだアーモンドの食感が楽しめる味わいに仕上げました。

  • BAY-B YOKAN
    (アプリコットはちみつ)
    千葉県産のはちみつ使用。アプリコットの酸味を千葉県産のはちみつでマイルドな味わいに仕上げました。

  • BAY-B YOKAN
    (ブルーベリー小豆)
    千葉県産のブルーベリーピューレ使用。ブルーベリーの酸味と小豆の食感が楽しめる味わいに仕上げました。

  • BAY-B YOKAN
    (3本詰)
    新しい発想とアイディアが詰まった、永く愛されたい、人に勧めたい そんな‘新しい羊羹’ 『BAY-B YOKAN(ベイビーようかん)』が出来ました。
ページトップへ戻る