pageimg
  • お不動様となごみの米屋
  • 創業の一品《栗羊羹》
  • 成田羊羹資料館
  • 米屋のお菓子
  • 店舗のご案内
  • オンラインショップ

成田羊羹資料館

成田羊羹資料館

●郵便番号 286-0032
●住所 千葉県成田市上町500
●電話番号 0476-22-2266
●営業時間 10:00~16:00
※1月1日~1月3日は開館時間が9:00~17:00となります
※展示替えの際のみ休館とさせていただきます

ただいま開催中の企画展

第28回企画展
江戸時代の菓子展
展示期間:平成29年4月1日~平成29年9月30日

江戸時代に入り、文化の中心地は江戸に移りましたが、京都からの伝来物は「下りもの」として尊ばれ、菓子類もその例に洩れませんでした。
しかし、漸く享保・安永・天明年間(1720~1780)頃になると江戸の個性も出始め、桜餅、金つば、大福餅、おこし、せんべい等の生活に密着した菓子が作られ武士や町人に歓迎されました。
和菓子の殆どが江戸時代に作られ、今日の製菓業の基礎が作られました。
その頃の菓子の様子を錦絵などを通してご覧ください。

羊羹資料館1 羊羹資料館2 
1階企画展の展示風景

clear

常設展示

1階

・受付
大正時代の本物の番頭台を展示しております。入館時にパンフレットがございますのでご覧ください。
・企画展
和菓子や成田山などをテーマに企画展を行っております。
・映像コーナー
現在の羊羹の作り方を映像でご覧いただけます。 壁には昭和初期の機械による羊羹製造の写真を展示しております。今と昔を比較してご覧ください。
・おみくじコーナー
米屋總本店にずっとまつられてきた恵比寿様と大黒様を参拝して100円で羊羹入りのおみくじをお引きいただけます。
1階
clear

2階

・時代の変遷年表
米屋、成田、日本や世界の動きを写真と共に展示しております。
・羊羹の歴史
どのように今日の羊羹が生まれたか?羊羹のルーツと変遷がわかる羊羹の歴史コーナーでございます。
・日本全国の羊羹
北海道から九州まで全国の様々な羊羹を展示しております。
・さきがけコーナー
米屋が世界に先駆けて行ってきた事柄を展示しています。
・昔の道具
実際に羊羹づくりに使われていた道具を行程順に展示しております。また壁には總本店の移りかわり 創業当時から今に至るまでの本店を写真で展示しております。
・長蔵翁の部屋
創業者諸岡長蔵翁の愛用品を展示しております。
・パッケージコーナー
懐かしい羊羹のパッケージ を展示しております。
・モラロジーコーナー
廣池千九郎博士と長蔵の関係そしてなごみの精神に通じるものを展示しております。
・羊羹の材料
実際に使われる小豆、砂糖、寒天を展示しております。
2階
clear
  • お菓子教室
  • 成田生涯学習市民ギャラリー
clear
ページトップへ戻る