pageimg
  • お不動様となごみの米屋
  • 創業の一品《栗羊羹》
  • 成田羊羹資料館
  • 米屋のお菓子
  • 店舗のご案内
  • オンラインショップ

創業の一品《栗羊羹》

創業の一品《栗羊羹》
創業の一品《栗羊羹》
米屋の創業は明治三十二年。
もともと成田山の門前町で米穀を扱う米屋でしたが、創業者諸岡長蔵が成田山参詣土産として、成田山新勝寺の精進料理の甘味であった栗むし羊羹の原型とも言われる「栗羹」にヒントを得て、地元でとれる芝栗を練り込んだ「栗羊羹」を日本で一番初めに創製し、販売したことが始まりです。
以来、創業の精神を受け継ぎ、熟練した技術でおつくりする伝統の味
「栗羊羹」は、今も成田山参詣土産として愛され続けています。
米屋栗ようかん
時間を掛けて丁寧に
厳選した素材を伝統の製法でじっくり煉り上げ、美しい色艶と深い味わいを引き出しました。
小豆の風味と香りを大切に、職人が心を込めてお造りしております。
極上大棹羊羹 栗
その伝統を今に受け継ぐ、
なごみの米屋を代表する至高の羊羹です。
商品の詳細は
栗むし羊羹
栗羊羹が生まれるヒントになった成田山新勝寺の
精進料理「栗羹」は栗むし羊羹の原型とも言われています。
商品の詳細は
  • 伝統の製法と革新
  • 創業者  諸岡長蔵
clear
ページトップへ戻る