どらまめ羹

極大粒黒大豆に詰まった 豊富な栄養とうま味

どらまめ01

本商品の主役は、丹波黒と呼ばれる黒大豆の高級品種、千葉県産「どらまめ」です。
「丹波黒」の魅力は、他に比べて極大の粒の大きさです。普通の黒大豆が百粒あたり約40gであるのに対し、丹波黒は約2倍の80g以上あります。そしてモチモチとして口当たりがよく、心地よい食感を楽しめます。
その形の良さ、豊富なうま味から、正月の煮豆としても古くから重宝されています。また、高い栄養価と機能性成分が見直され、健康食品としても注目を浴びています。

龍伝説から名付けられた「どらまめ」

丹波黒の中でも、「どらまめ」は千葉県栄町の特産品として親しまれています。
丹波黒種の黒大豆は栽培が難しく、ほとんどが西日本で生産されてきましたが、千葉県栄町は東日本で栽培をしている数少ない産地のひとつです。
粒の大きさが特徴的な「どらまめ」は、栄町に伝わる龍伝説(ドラゴン)にちなんで名づけられました。

どらまめ02

千葉県栄町が誇る名産品「どらまめ」を使用した、プレミアム感あふれるデザート

丹精込めて育てられた「どらまめ」は、その芳醇なコクと甘みから、スイーツの具材としても重宝されています。「どらまめ羹」は、そんな栄町の誇り「どらまめ」をふっくら柔らかく炊き上げて、沖縄県産黒糖使用の錦玉羹の中にそのままの形で閉じ込めました。ごろごろと贅沢に浮かぶ「どらまめ」と、琥珀色に透き通った錦玉羹が見た目にも美しいお菓子です。
ぷるるんとした食感と、ほのかな甘みの和風ゼリーをお楽しみください。

どらまめ羹6個詰

お求めはこちら

オンラインショップへ

千葉県栄町と「どらまめ」

栄町は、千葉県の北部、利根川流域に位置し、南は印旛沼、北は利根川を挟んで茨城県に接しています。その歴史は古く、紀元前からすでに丘陵地を中心に集落が形成されました。奈良時代前期には龍角寺地区を中心に豪族の領地となっており、町内には110余基の古墳群が点在しております。栄町では稲作を中心とした農業が経済を支えてきましたが、米の減反政策により、他の作物への転換が行われ、その一環として、平成10年から黒大豆を作付するようになりました。
利根川流域の豊かな水と土が、東日本では栽培が珍しい黒豆「丹波黒」の栽培に適しており、産地が築かれたことで、今日の「どらまめ」へと繋がってゆきます。

どらまめ畑

どらまめの生育

どら豆畑

どらまめ生産者の小川 博さん
「どらまめ」のことについて、その美味しさや魅力、
栽培の難しさなど、たくさん教えていただきました。

どら豆

●例年は7月初頭に種まき。
この時期は畑が柔らかくなる程度の降雨があると良い。草丈が伸びたら土寄せをして畝を作り、苗の倒れを防ぐ。

●8月頃は、昼夜の寒暖差が大きい方が実の育ちが良く美味しくなる。

●9月上旬に花が咲き、その後に実を結ぶ。
実は最初は液状になっており、熟すにしたがって固くなる。

●10月に入ってすぐ収穫。

「龍角寺」と「龍伝説」

栄町にある「龍角寺」は関東地方で最古の寺院のひとつで、和銅2年709年)天から龍女が現れて一夜のうちに諸堂(金堂、塔)を建立したと言い伝えられています。
天平3年(731年)、その夏は殊の外暑く、水不足となり、時の聖武天皇の命により、龍角寺の釈命上人が雨乞いの祈祷を行うと、印旛沼の主の小龍がその願いを聞き入れ、七日七晩、雨を降らせてくれました。
しかし、天の大龍の許しを得ずに雨を降らせたため、小龍は命を奪われてしまいました。
我が身を犠牲にして干ばつから人々を救った龍は手厚く葬られ、今日も寺に大切に祭られています。

どらまめ02
龍をかたどった「どらまめ」のシンボルマーク

ページトップへ戻る