pageimg

“なごみ”とは?

なごみ
当社もすでに、和菓子業界でも老舗と呼ばれるまでになりました。
しかし我々はこう考えます。伝統の上であぐらをかくわけには
いかない、 将来に向けてさらに前進していこうと…。

そこで、21世紀の和菓子文化の創造を目指す上で掲げた企業理念。
それが「なごみ」なのです。 このシンボルマークは、
心の和とおいしい味、伝統と革新の意味を込めた
2つの円を重ねたフォルムの「和+味」の文字を組み込んだ
ものとしています。

優しいイメージの曲線に力強い毛筆文字が組み合わされた
デザインは、 新たな挑戦を積極的に推し進める私たちの決意を
表わしています。
この、「和」+「味」=「なごみ」こそが、私たち米屋の原点なのです。
「なごみ」という言葉に込められた想い
「なごみ」という言葉に込められた想い

「なごみ」には次の4つの意味がこめられています。

その1
人の心に触れる優しい味わい、五感に感じる味の世界の創造、という意味が込められています。
その2
楽しみの食を個性豊かに演出し味のある生活を生む、という意味が込められています。
その3
人の心を開かせる、心の交流媒体として役割を果たす、という意味が込められています。
その4
友情や愛情を抱き合い、豊かな未来を創造していきたい、という願いが込められています。
メッセージ
「なごみ」の心が息づく、『ありがとう創造企業』。
「なごみ」とは、人の心を笑顔にすることです。
それには、まずは自分が多くの人びとに何ができるのかを考えることです。それがたくさんの人びとへの気遣いとなって、社会貢献の心を引き寄せます。なごみの米屋の新たなビジョンとして『ありがとう創造企業』が掲げられました。
これは、触れ合うすべての人びとを気遣い、感謝し合うことで、「ありがとう」という言葉がいっそう飛び交う風土を目指すものです。多くの人びとのお役に立とうとする姿勢は、千葉県という米屋を育んだ郷土にも向けられています。
米屋を含め、志を一つにした千葉を代表する菓匠やパティシエが集い、「千葉集(せんようしゅう)」というブランドを共に立ち上げました。「なごみ」は、一人ひとりの想いから、多くの人びとへ確実に広がっています。
メッセージ
創業者  諸岡長蔵
ページトップへ戻る